レイクを限度額まで借りる方法はある?ない?

レイクは限度額まで借りられるのか?

レイクでお金を借りる場合、気になるのが「一体どれくらいの金額を借りることが出来るか」という事ですね。今必要な金額が100万円だとしても、本当に必要なお金、全額を借りることが出来るのでしょうか?

 

レイクをはじめとする、消費者金融や銀行などの広告を見て見ると、「最大500万円融資可能!」や「1000万円まで貸します!」なんて書いてあるものです。実際にレイクでは、借り入れ限度額は500万円となっています。

 

そんな広告の謳い文句を鵜呑みにして、颯爽とお金を借りに行き、500万円の融資を申し込んだのに、実際はそれよりも少ない金額しか借りられなかった・・・なんてことも実際に多いものです。当てにしていたレイクから、必要なお金を借りられなかったとなると、本当に困ってしまいます。

 

たとえレイク側がが「最大500万円融資可能」と言っていても、それはあくまで「レイクが貸し出すことのできる最大限度額」のことです。私達個人が「借りられる限度額」とは違います。レイクだけでなく、他の消費者金融や銀行が言っている限度額と、私たちが借りられる限度額は、全く違うものだということを知っておきましょう。

 

いざお金が必要という時にお金が揃えられず困ることがないように、上手にお金を借りられるようにしましょう。なかなか分かりづらい「限度額」とはどういったものなのか、そして限度額を上げるためのコツなどをまとめてみました。

レイクの2つの限度額

最初にちょっと触れましたが、レイクなどの消費者金融でお金を借りる際に使われる単語、「限度額」には2つの意味があります。安心して必要なお金を借りるためには、まずはこの限度額というものについてしっかりと知っておきましょう。

 

2つある限度額の1つ目となるのが「業者が貸し出すことのできる最大限度額」です。レイクの広告にも書かれている「最大500万円融資可能」というのは、貸金業者が貸し出すことのできる最大の金額です。「うちではこの金額まで貸し出せますよ〜。」「でも、誰もがOKな金額ではありませんよ〜。」というものです。そしてもう1つの限度額が「私たちが借りることのできる限度額」です。だからといって「あなたに貸せる金額はここまでですよ〜。」という限度額です。

 

最大融資額が500万円だとしても、誰もかれもが500万円満額を借りられる訳ではありません。ハッキリ言って満額借りられるなんて人はごく少数です。ではなぜ、満額を借りることが出来る人と、借りられない人とに分かれてしまうのでしょうか?その決め手となるポイントはいくつかあります。

 

まずは個人によって融資額に違いが生まれてしまうポイントを詳しく紹介していきます。

 

消費者金融の限度額一覧へ 

レイクの借入限度額の決まり方〜総量規制〜

【総量規制】

 

初めて貸金業者でお金を借りる人には聞きなれない言葉ですが、消費者金融でお金を借りる際に、切っても切れないのが「総量規制」というものです。

 

総量規制とは貸金業法という法律で定められている、消費者金融がお金を貸す際の限度額の基本となるものです。総量規制ではこのように定められています。「個人の借入総額の限度額は基本、年収の1/3以下とする」お金を借りようとしている人は、自分の年収の1/3以上の金額は借りられないということです。

 

業者もまた、この法律に従って顧客の年収1/3以上は貸してはなりません。違反したら法律に逆らうことになってしまいますからね。ちなみに総量規制以上の貸し出しをした業者は、業務指導や業務停止などの行政処罰を受けなければなりません。(法律違反、ダメ、絶対!)

 

すなわち、レイク側が「最大融資額500万円」と謳っていても、年収の1/3以下までしか貸し出せないということです。例にとってみると、年収が500万円であれば、レイクから借りられる金額は約160万円。最大融資額には程遠い金額ですね。

 

また、総量規制のポイントとなるのは「借入総額」です。レイク以外の消費者金融や銀行からすでに融資を受けている場合、年収の1/3からその借りているお金を差し引いた金額しか、新たに借り入れることが出来ません。その点もしっかりと覚えておきましょう。

レイクの借入限度額の決まり方〜審査〜

【審査】

 

総量規制を考慮してみても、レイクで100万円を借りることは可能であると判明。しかし実際には10万円しか借りられなかった!・・・なんてケースも多くあります。「何で借りられないの〜!」と疑問を感じる人もいることでしょう。

 

総量規制以内の金額を申し込んだのに、申込金額以下のお金しか借りられなかったといった場合、関わっているのがズバリ!「審査」です。貸金業者がお金を貸す場合行われるのが審査というものです。貸金業者によっては少額の借入の場合は行われない場合もありますが。

 

審査とは簡単に言うと「その人に返済能力があるのか否か」を調べるものです。業者としてもお金を貸したはいいが、返ってこなければ損をするだけですからね。返済能力の有無を調べるのは当然とも言えましょう。

 

貸金業者によって多少の違いはありますが、レイクでの審査内容は、勤め先・勤務状況・勤務年数・家族構成・過去の返済記録・現在の借入状況などなど、事細かに審査されます。こういった審査項目で何かしら引っかかることがあれば、総量規制内の借入金額であっても減額されてしまいます。

 

申込金額よりも少ないお金しか借りられなかったという人は、審査内容の何かに限度額を引き下げられる要因があったということです。何か思い当たることはありませんか?

 

消費者金融の限度額一覧へ