レイクの限度額が下がる意外な理由〜初めての利用〜

レイクの限度額が下がる意外な理由〜初めての利用〜

レイクではが「最大融資額500万円」となっています。しかし実際に借りられる金額は、「総量規制と審査によって決定する」ということです。2つの限度額の違いについてご理解いただけたかと思います。限度額いっぱい借りられるのは難しいということですね。しかし、総量規制と審査の影響だけでなく、借りられる限度額が下がってしまう意外な理由もあるんです。レイクを上手に利用するためには、こちらも覚えておきましょう。レイク以外の他の消費者金融でもほぼ同じことが行われています。

 

【初めての利用】

 

過去に返済滞納を起こしたことのあるブラックさんの場合、限度額の引き下げは起こりうることです。いかにも悪徳なトラブルの場合は、1円も借りられないなんてこともあるものです。返済能力がないと見なされてしまっていますから仕方のないことでもあります。しかし、お金のトラブルを起こしたことのない真っ白白のホワイトさんであっても、レイクなどでお金を借りる場合は、限度額を引き下げられてしまうことがあるんです。

 

消費者金融がお金を貸す場合に利用するのが「信用情報」です。その人の過去に利用したローンやクレジット状況などが、信用情報には事細かに記載されています。過去に一度もローンやクレジットを利用したことのない人は、信用情報がないということになります。その人の背景が全く見えないという状況ですね。どんな人なのか全くわからないという不安から、そう飛車金融は高額融資をするということを躊躇い、限度額を引き下げてしまうんです。

 

真っ白白のホワイトさんも、消費者金融を利用する際には「最初は高額融資を受けられない」ということを覚えておきましょう。