限度額を減らされる人の特徴

限度額を減らされる人の特徴

レイク側から信用を得ることで、限度額は増額することが出来ます。しかし、反対に最初に決められた限度額よりも、減額されてしまう人もいるのが事実です。なぜ限度額が減額されてしまうのでしょうか?

 

【返済日を守らない】

 

一番やってはならないのが「返済を延滞する」ということです。うっかりミスで1日や2日遅れる分にはまだ大丈夫ですが、1週間以上返済が遅れるのは完全にアウトですね。返済日はしっかりと守りましょう。うっかりミスで遅れるとしても、何回も同じことを繰り返していると、徐々に信頼が薄れます。うっかりミスも出来るだけしないようにしましょう。

 

【転職直後】

 

返済中に勤務先が変わるのも減額対象になりうることです。特に転職後3か月以内は、増額申請してもまず審査は通りません。反対に減額されてしまうこともアリです。

 

【前回よりも高額な借り入れ】

 

レイクには、過去の借入・返済などの記録10年分が残っています(他社のものも)。その時の融資額よりも、グンと高額な借り入れを希望している場合は、過去に返済トラブルを起こしていないとしても増額するのは難しいですね。借り入れは続いているけど、金額は横ばい、または減っているといった人の方が、限度額が増額されます。減額されることはありません。何事も段階を踏むことが大切なんですね〜。